時期が来た。ボジョレー・ヌーボーが解禁。

PAK86_torinosuakashiro20130825

ワイン好きにはたまらない、この時期になるとボジョレー・ヌーボーの解禁を心待ちにしていた人も多いと思う。

今年のボジョレーヌーボー解禁日は11月20日の木曜日午前0時だった。週末は三連休だから、ワインを楽しんだ人も多いだろう。

 

スポンサードリンク

11月の第3木曜日は、ボジョレーヌーボーの解禁日。
今年も世界各地で販売を祝うイベントが開かれた。

ボジョレーヌーボーは若さを楽しむワイン

フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られるのがボジョレーワインといい、ボジョレーヌーボーはその年に収穫されたぶどうを使った、新種のワインのこと。

 

よって発酵に要する日数は数日、葡萄の収穫からたった数週間で発売される。
毎年11月の第3木曜日に解禁されるのは有名で、ボジョレーヌーボーを作り始めた目的は葡萄のできばえを見るためだった。味の評価は若いワインのために、賛否いつも別れるが、今ではフルーティーな香りで評判が高い。

 

気になる今年のぶどうの出来は?

葡萄の出来を楽しむワインのボジョレーヌーボー。気になるのは今年のできばえだ。
今年は夏以降に日中の日差しと涼しい夜に恵まれ。葡萄の熟成が進んだらしく、フルーティな香りとエレガントな味わいがとてもバランスがいいとのこと。
つまり、今年のボジョレーヌーボーの出来は上出来らしい。

 

何で日本で人気なの?

ボジョレーヌーボーの輸入量は日本が世界一を誇っているのは有名な話だが、フランス本国では若いワインゆえに好き嫌いが別れ、ボジョレーヌーボーの解禁で盛り上がってはいない。

 

よく言われるのがイベント好きの日本人にあった、解禁日という特徴と、新酒という旬なものを食べる日本人の特性にあったものなのかも知れないといわれている。
ある意味ボジョレーヌーボーは日本人にあったお酒なのだろう

 

参考元
マイナビニュース

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ