2014年は暑かった。史上最も暑かった。

国連の世界気象機関は2月2日に2014年が観測史上最も気温が高い年。最も暑かった年だと発表した。

Ninety Degree Summer Day
Ninety Degree Summer Day / Pink Sherbet Photography

国連の世界気象機関に夜と2014年の世界平均気温は基準とされる1961年~90年長期平均の14度を0.57度上回ったという。

 

スポンサードリンク

暑さはこれからも続く

暑いだけじゃない

気温が高かった年の上位15位中14位が21世紀になってから記録されたという。2014年は記録的な暑さのほかにも、集中豪雨と洪水が多くの国で発生し、一部のくにでは干ばつもおきた。

 

日本では2014年に広島市で大規模な土砂災害が起こったことが記憶に新しい。空から水がこぼれてきたような豪雨が続いていたような気がする。

 

また、世界の海面温度も暑い。史上最高水準に達したそうだ。

この暑さは続く

国連加盟国は、来週にも温室効果ガス排出を抑制するための世界気候条約に関する会議をスイスのジュネーブで開く予定。

 

国連は温暖化を産業革命以前の水準から2度未満に抑えるといった目標を掲げているが、科学者側は地球が目標値の約2倍、4倍程度の気温上昇に至ってると敬称を鳴らしている。

 

当然、大気中に温室効果ガスの水準が上昇し続ければ、気温が上昇してしまう。よって今後も地球温暖化は継続すると予想される。

 

最近本当に夏が暑い。夏が暑いのは当たり前だが、我慢できないほどの暑さが続くのは奇妙だ。

 

また2014年は冷夏といわれていたが、決して涼しいとは言えず、ただ雨が必要以上に降ったことしか覚えていない。

 

このまま地球の暑さが続くとなると、自然災害だけではなく、水不足も深刻な状況になるという。水等の資源をめぐり紛争が勃発するのもそう遠くない未来なのかもしれない。

参考元
AFP BB NEWS 2014年は「史上最も暑かった年」、国連報告

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ