頭蓋骨に穴をあけて幸福になろう!現代でも行われているトレパネーション手術

History-of-understanding-the-brain-02

スポンサードリンク

 

「幸福になりたければ簡単!頭蓋骨に穴をあけるだけだよ!」

と当たり前のように言われたら誰でも完全に引いてしまうだろう。

 

さすがの管理人も一歩さがってしまう。

 

だが引いてばかりでは真実は見えてこない。一歩前出てみよう。

以下には小説、漫画、そして現実に実際行われている頭蓋骨穴あけ手術『トレパネーション手術』について書いてみた。

 

小説や漫画で題材にされるトレパネーション

 

アメリカが誇るアイビー・リーグ(Ivy League)の大学8校のうちの1校であるプリンストン大学。

この名高い大学の教授でもあり、近年ではノーベル文学賞にノミネートされることの多い、ジョイス・キャロル・オーツ。

この方の短編集である「とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢」という本の作品の一つに、興味深い女性が出てくる話がある。

 

話の重要部分を簡単に書くとこうだ。

 

資金繰りに困っている美容整形外科医の元に常連の中年女性がやってくる。

白人特有の肌を持っている彼女は外科手術で若々しい外見を見せている。

 

体を実年齢よりも若々しく見せている彼女は、資金繰りに困っていた美容整形外科医に、今度は内側も若くなりたいという無茶な申し出をする。

 それも手術によっての内側の若返り。

そう、彼女が提案した内側の若返り手術というのが頭部穿孔(とうぶせんこう)と俗にトレパネーションと言われる手術だった。

美容整形外科医は危険だからできないと最初は断っていた。

だが資金繰りに困っていた事もあり、多額の費用を出してくれるとの誘いについに引き受けてしまった。

 

 

この小説で出てきた中年の女は、内なる若返りのための手段としてトレパネーション手術を試みたととらえることができる。

 

また山本英夫の漫画『ホムンクルス』という作品では超能力とか神秘的な力を得るための獲得手段として登場する。

 

実際に行われているトレパネーション

 

小説や漫画だけではなく、現実に今もなおこの手術は行われている。

 

トレパネーション手術と言うのは頭部穿孔といわれるように頭蓋骨に穴を開ける手術のことで、とても簡単な手術である。

 

通常の脳外科手術と大きく異なる点は、治療目的の手術ではなく、もっと神秘主義に基づいている点。

また通常の脳外科手術は治療が終わったら穴を閉じるが、トレパネーションは頭蓋骨の穴を開けっ放しにしておくことだろう。

 

頭蓋骨の穴を開けっ放しにすることによって、頭痛や精神障害の原因になっている頭蓋骨内の「よくないもの」を外部から排出するための穴とされたようだ。

中世から近代のヨーロッパでは医学的根拠も特にないまま行っており、その起源はかなり古い。

古代ギリシアの「医学の父」と呼ばれるピポクラテスの著作にもトレパネーション手術についての記述がり、8000年前から存在しているとも言われている。

 

中年女性はあくまで小説という虚偽の世界の住人だ。

だが驚くことに現実にこの手術を受けた人間は数多く存在し、その啓蒙活動を行っている団体も存在する。

 

 

それはITAG(Internationarl Trepanation Advocacy Group / 国際トレパネーション唱道会)だ。

 

 

手術を受けた人間はこう言う。
「とにかく幸福で、エネルギッシュ。意識が明瞭で子供のときに戻ったようだ」

 

トレパネーション手術を受ければ外見だけではなく、内側、心も子供に戻れるというのだ。

 

そうはいっても手術の失敗による脳が損傷するリスクや、頭蓋骨に穴が開いている状態でのその後の生活も心配だ。

 

 

 

ではなぜ、古今構わず頭蓋骨に穴を開けたがる人がいるのだろうか?

 

理由はタイトルや途中でも述べたが幸福になるからだろう。

もっと正確に言うと幸福感を得られるからだ。

 

昔は病んだ精神を治療するために穴を開けていたと言われているが、現代も心を晴れやかにするための手段として頭蓋骨に穴を開けているように思える。

 

ストレス社会を生きている現代人の精神的苦痛への治療方法といっても言い。それは古今、時代が変われども頭蓋骨に穴を開ける目的は同じである。

 

頭蓋骨に穴を開ければ幸福感があふれ出てくるのだ。

 

だがもう一度言っておこう、現代で「幸福になりたければ頭蓋骨に穴をあけるだけだよ!」と言うと引かれる。

 

この手術が世間一般に認知されるまでもう少し時間が必要だろう。

 

参照元:
http://x51.org/x/04/12/1035.php/
wikipedia
ITAG(Internationarl Trepanation Advocacy Group / 国際トレパネーション唱道会)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ