ベトナム版「アンネの日記」ベトナム戦争時代の秘密地下室が、新たな観光名所に

南ベトナムのホーチミン市はサイゴンと呼ばれていた。

 

年配の人たちはホーチミン市をサイゴンと呼ぶことがあるが、ベトナム戦争時代はホーチミン市をサイゴンと呼んでいた。

 

ホーチミン観光としてクチトンネルが有名だが、ベトナム戦争のときの地下ネットワークが市内に張り巡らされていることはあまり知られていない。
The Basement
The Basement / Katie@!


スポンサーリンク

ホーチミン市の地下ネットワーク

「秘密地下B」と呼ばれた民家

1950年代、ホーチミン市の10区にある路地先に「秘密地下室B」と呼ばれた民家がある。

 

この家に住んでいた一家は軍の命令で印刷工場を営んでいた。軍の宣伝用のビラの制作を担っていたようで、急襲から身を守るために地下室が作られたという。

 

この秘密の地下室の入り口は、古びたチーク材のたんす。そのタンスの中に入り、狭い薄暗いトンネルを抜けると地下室に出る。井戸につながる通気用のトンネルも掘られた。

 

ベトナムの秘密地下室のニュース記事を見たとき、アンネ・フランクを思い出した。彼女は地下室ではなかったけど、秘密の部屋に息を殺して隠れていた。出入り口はタンスではなく本棚だった。アンネが隠れていたのは、後ろの家だったし。

 

ベトナムの秘密地下室Bは1952年2~5月につくられ、1957年に安全上の不安が高まったため閉鎖された。1959年には発見されるのを防ぐために土で埋めたという。

 

この地下室以外にもホーチミン市に地下室や秘密部屋が作られ、特に先頭が激化した1960年代にかけては、ベトナム統一を目指していた共産勢力の拠点となったそうで、今では観光客がトンネル見学することも出来るようになった。

 

ベトナム戦争のとき、米軍を苦しめたといわれている秘密地下トンネルがあったという話は何かで知った。ベトコンゲリラの隠れ家や物資運搬だけではなく、ゲリラ戦士たちの住処としても使われ、秘密地下トンネルは地下帝国とまで言わないが街としての機能を果たしていたという。

 

秘密地下トンネルのことを検索したら、参考元に興味深い記事を見つけたので、興味があれば見てほしい。

 

参考元
CNN.co.jp ベトナム戦争時代の秘密地下室、新たな観光名所に
ガラパイア ベトナム戦争で米軍を最も苦しめた、クチの秘密地下トンネル

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ