悪魔崇拝カルト・悪魔教会

ロマン・ポランスキー監督作品「ローズマリーの赤ちゃん」には悪魔崇拝カルト集団が出てくる。

 

日本でもカルトといえばオウム真理教が有名だ。今年の3月20日は地下鉄サリン事件から20年経ったわけだが、カルトによって起こった事件は古今東西ある。

 

そして、そのカルト宗教の仲には悪魔を祀ったものもある。今回はその中でも比較的近代に設立された、悪魔教会について書きたいと思う。
Tattoo Baphomet  Tatuagem
Tattoo Baphomet Tatuagem / TattooArteBTU


スポンサーリンク

最も知名度の高いカルト?

悪魔教会はクリーンなカルト

悪魔教会とはアントン・ラヴェイという人物が開祖とされ、彼の著作である「サタンの聖書」によると、人間の肉欲的自己を是認する団体だと定義されている。

 

もし、悪魔教会に入りたければ、入会金を支払うだけで、入会できる。悪魔との契りもないし(これは魔女になる方法だっけ)、悪魔に魂を売り渡す必要もない。悪魔教会では普通にオフィスがあり、日々の仕事に明け暮れている。

 

よって、赤ん坊や美しい処女の生き血やら心臓を捧げるといったことはない。悪魔教会に入会してしまうと、活動が忙しいため、掃除が大変な血なまぐさい儀式をやっている暇などないのである。

 

度々、当たり前だが悪魔崇拝は社会から疑われる。このような社会現象を「サタニック・パニック」として知られているのだが、1980年代から90年代にかけてキリスト教徒やら、マスコミやら心理療法士などが悪魔教会を犯罪的陰謀に結び付けようと考えた。

 

悪魔教会は黒ミサや禍々しい儀式などで乳幼児を虐待することはありえないとし、悪魔教会の著名なメンバー達はその疑いを論破するためにしばしばマスコミの前、公の前に出て、沈静化するために活動をしたという。

 

この悪魔教会は無神論をベースとして、人としてきちんと生きていきなさいというような団体で、祈る前に自分で何とかしろ、神に頼らず、生きていけっと言うのが教えのようで、自分自身を見つける団体のようである。

 

悪魔教会に入会すれば、サタニストになるわけだが、サタニストの11のルールがあったり、サタニズム9箇条や「サタニズムにおける9の罪」があるが、全然悪魔ではない。

 

悪魔教会におけるサタンとは人間の自然な欲求を肯定のようだが、キリスト教の教義では当然反するものなので、異端扱いされてしまう。

 

参考元
wikipedia 悪魔教会
KOTAKU 心の闇? 逆説的正義? 史上最恐の悪魔崇拝カルト騒動9選
すこしふしぎ:オカルト自由張 言っていることはまともな悪魔教会 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ