今年の積雪は少なかった。今年もアメリカでは大寒波が襲ったようです

アメリカ北東部は26日激しい吹雪に見舞われ、ニューヨーク州やマサーセッツ州など7州が非常事態宣言を出して、警告していた。

スポンサードリンク


 

しかし、ニューヨーク市内の積雪量は思っていたよりも少なかったようで、48時間で60センチと予測されていたものの、実際はそんなに積雪は無かったようだ。

 

ニューヨーク市長は今回の大寒波による積雪被害は史上最悪のものになると繰り返しており、それが不必要だったのでは?と批難された。アメリカ東部は去年大寒波が襲ったのは記憶に新しく、警戒するのも理解は出来る。

 

市長のビル・デブラシオ氏は「市民の安全を守るため、われわれは万一に備えなければならない」と市の決定を擁護。しかし、米国立測候所は予測の不確実性の説明不足について謝罪。

MTA New York City Transit - After the Snow
MTA New York City Transit – After the Snow / MTAPhotos

去年の1月、アメリカ東部で大寒波が襲い、氷の世界になった。また、ニューヨーク州は去年11月には1.8メートルもの積雪を記録した地域もあり、車が立ち往生した。

 

今回の大寒波もそれぐらいあるだろと思ったが、そうでもなかったらしい。

2015年アメリカ大寒波

大寒波が今年もアメリカを襲う

非常事態宣言を出された暴風雪「ジュノ」。このおかげで、飛行機は6560便が欠航し、ニューヨーク市の公共交通機関は午後11時で運行停止。積雪の影響を考え、ニューヨーク州の13郡では車での移動が禁止された。

 

この大寒波により、ブロードウェーの全公演が中止されるという異例の処置が取られた。

今年の大寒波はそんなにひどく無かったよ。

降雪により積雪がおよそ90センチに達するといわれていたにも関わらず、大寒波が過ぎるとそうでもなかったようで、拍子抜けしてしまったが、最近の「経験したことがない」といわれる天候がよく起こっている気がする。

 

日本の積雪量は減ったと断言できるが、こんなにも寒かっただろうか?

 

地球温暖化といわれているにも関わらず、冬にこれほどの大寒波に襲われるのは、おかしい。日本でも、「今まで見たことが無い・経験したことがない」といわれるアメリカの大寒波が来てもおかしくはないな。

参考元
AFP BB NEWS NY市に大雪降らず… 市長が警戒措置を擁護、気象当局は謝罪
AFP BB NEWS 米北東部に「歴史的」吹雪、NYブロードウェーで全公演中止

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ