ベッドの下の死体。誰も気づかずに放置されている。

 

人は故意であれ、衰弱死であれ、何であれ死んでしまい、死体を隠さなければならなくなったとき多く人たちは、ベッドの下に死体を隠すらしい。




アメリカの都市伝説の一つに「マットレスの死体」という定番の話がある。

 

スポンサードリンク

よくありがちな話。とあるカップルが、泊まったホテルの部屋がとてもひどい異臭がする。調べてみるとベッドのマットレスの下から死体が出てきたというもの。

 

都市伝説としてありがちな話なんだけれど、都市伝説の定義として本当にあったように見えて、真実じゃないという点が定義としてあげられると思うが、ならばこのベッドの下の死体というのはその定義から大きく外れていると思う。

 

なぜなら本当に起こったことだからだ。

 

「ベッドの下の死体」の話は国内外よく起こる事件らしく、少し調べてみるだけで、こんな事件を見つけてしまった。

 

この事件は2010年3月のアメリカで起こった出来事だが、アメリカ人が信じている都市伝説のそのまんまの事件である。

 

悪臭がするから調べてみると、死体発見。あらすじはそのままだが、最も驚いたことは事件の現場になったホテルの部屋は,

死体が隠されたと思われる日から5回貸し出され、清掃も何度か入っているという点にある。

 

また日本国内でも同じような事件があった。

 

今年2014年に起こった事件だ。一緒に暮らしていてベットの下で亡くなっている妻の死を一ヶ月察知できなかったとある。

死後一ヶ月経過していたとなると、かなりの悪臭がしたと思が・・・

夫は妻の死亡に気がつかなかったと供述しているところをみると、ベッドの下は死体を隠しても「そりゃわからないよねー」となるのか?

または、家庭内別居状態で本当に気づかなかっただけなのか。疑問の残る事件でもある。

 

また、死体を隠してしまう原因は他にも。

 

年金受給者が生きているように見せて、その身内が不正受給したりという事件が最近結構頻繁に起こっている。

 

現代日本は誰が生きていようが死んでいようが、死んでるように生きていようが世間はそこまで関心がないものだけれども・・・

今後ビジネスホテルなどに泊まる際のベットの下は少し怖いと思った。

 

参考サイト

http://news.livedoor.com/article/detail/9135692/

http://www.afpbb.com/articles/-/2710908?pid=5510028

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ