就活解禁した途端、リクナビとマイナビサイトがつながりにくい状況に。

2016年度卒業生の就職活動が、3月1日の午前0時から解禁となった。

 

2大就職活動サイト、リクナビ2016、マイナビ2016がともに繋がりにくい状況に陥った。

スポンサードリンク



 

GranTokyo South Tower
GranTokyo South Tower / Dick Thomas Johnson

就活解禁した途端、サイトが繋がらない

サイトが繋がらないのは毎年のこと

就活が始まった途端、大手就職活動サイトが繋がりにくくなったという。これは、もう毎年恒例のこと。就活サイトはリクナビとマイナビは就活が解禁した午前0時のオープン直前からアクセスが集中し、サイトが一時繋がりにくい状態になったという。

 

両社ともこの不具合は30分~1時間ほどで解消した。

 

サイトに集中して、繋がりにくくなったのは毎年恒例だが、今年は時期がことなる。なぜなら、昨年までは12月1日が就活解禁日だったが、今年は3ヶ月間後ろ倒しになり、3月1日が就活解禁日となった。

 

就活が3ヶ月後ろ倒しになった背景には「学生は学業が本分なのだから、そのための時間を十分に確保するため、採用選考活動の早期開始を自粛する」と、一般社団法人経済団体連合会(経団連)がそのような方針を打ち出したため。

 

3ヶ月後ろ倒しになったとしても、日本企業の青田買い意識は強く、昨年のインターンは例年より活発だったという。また、就活3ヶ月後ろ倒し方針は、経団連に加入した企業が自主規制。よって加入していない企業は適応されないため、外資系企業などは就活解禁日前から、採用選考を行なっているという。

 

アベノミクス効果などから、「売り手市場」になっているといわれているが、就活生にはがんばってほしいものである。

 

参考元
ねとらぼ 午前0時にリクナビマイナビが仲良くダウン 今年も就活解禁の時期がやってまいりました

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ