そうだ村上さんに聞いてみよう。村上春樹が読者の質問に答えます

村上春樹と読者の交流サイト「村上さんのところ」が1月15日に正式オープンした。

スポンサードリンク

 

今回のオープンした村上春樹の特設サイトは、読者から募集した質問・相談に村上春樹が返事を書くといったもので、2015年1月15日から1月31日にまでの質問を受け付け、3月末までサイトは公開する予定だと言う。

村上春樹の小説は中学生から読んでおり、好きな小説家の一人だ。

 

村上さんの面白い点は定期的に読者と交流を持とうと考えているところで、以前も「海辺のカフカ公式サイト」では世界中の読者から質問を受け、後に書籍化された。

 

そうだ村上さんに聞いてみよう

村上さんに質問を聞くためのルール。

今回の村上春樹読者交流サイトで質問が送る際、4つあるテーマから一つ選んで質問するという方法だ。

 

また、12000字以内に質問をまとめ投稿しなければならない。なぜらな、村上春樹がすべての質問に目を通すからだそうだ。

 

村上さんは送られてきたメールに一通り目を通しますし、返事は自分で書くとのこと。

 

村上さんはどんな質問にも答えてくれる?

サイトを拝見するとノンフィクションを書く予定は?と言ったことから悪女の法則に至るまで、広範囲な質問に答えてくれるそうである。

 

村上さんも白ヤギさんではないのだから、読まずに食べた。と言うことは無いらしいが、やはり、答えやすい質問と言うものがあるらしい。

 

村上さんはトップページの挨拶で、自由な発言の場ではあるけれども、できればおたがい楽しくやりたいとのこと。

 

よって、質問ルールを守って、作家村上春樹に質問メールを送ってみよう。

 

最初の質問メールが留学生で、村上春樹が世界的に有名だと実感。

 

さて、村上さんの質問の一つに「ノンフィクションを書く予定は?」とあった。村上春樹著作の地下鉄サリン事件を題材にした「アンダーグラウンド」があった。

 

振り返ってみると、その事件から20年もたった。村上春樹が書くノンフィクションがいまいちイメージ出来ず、長い間読まなかったが、読んだときの衝撃は忘れられない。

 

参考元
村上さんのところ

コメントを残す

このページの先頭へ