不調続きのマクドナルド。期間限定メニューにマックフライポテトの全サイズ販売開始。色々あったけど頑張っています。

不運が続いているマクドナルド。人気のマックフライポテトがSサイズのみ単品販売するという発表をした矢先、新年早々チキンナゲットに異物が混入していたと明らかにした。

 

スポンサードリンク


しかし、マクドナルドは昨年の12月26日にマックフライドポテトを全サイズを1月5日に販売を再開することを発表。また、1月6日から期間限定メニューの販売を発表した。

マクドナルド
マクドナルド / mxmstryo

マクドナルドは厄年の人間のように不調だ。

 

マクドナルドは売り上げも営業利益も順調にプラスだったが、昨年になって急に売り上げが落ち込む事態。昨年の夏に発覚した使用期限切れ鶏肉問題によって顧客離れが起こり、今回も同じ商品で異物混入を起こすと言う失態をしてしまった。

 

しかし、マクドナルドの人気サイドメニュー「マックフライポテト」を全サイズ販売再開することや、期間限定メニューを登場させるなど、マクドナルドは今頑張っている。

 

マクドナルドは頑張っています

マックフライポテトを全サイズ販売再開

A330-343X(B-HLOA) take off @KIX/RJBB
A330-343X(B-HLOA) take off @KIX/RJBB / woinary

マックフライポテトはアメリカの西海岸における湾岸労使交渉が長期化し、そのため原材料の安定した調達が厳しくなっていた。

 

よってマクドナルドは2014年12月17日から一時的にSサイズのみの販売を開始した。労使交渉に決着が着いたわけではなく、今なお労使交渉による輸入の遅れは続いている。

 

しかし、航空便や東海岸からの船便を利用し、この緊急対策によってマックフライドポテトの通常販売再開することが出来た。マクドナルドは湾岸労使交渉は予断の許さない状況をであり、引き続き状況を注視し、マックフライポテトの安定的な提供をしたいという。

 

1月6日から期間限定メニューが登場

さくらてりたま。ソースでべちゃべちゃ。
さくらてりたま。ソースでべちゃべちゃ。 / hirotomo

日本人の好みである「てりやき」。大人気のてりやきマックバーガーのてりやきソースを使用した期間限定メニュー「てりやきチキンフィレオ」>「ダブルてりやきマックバーガー」が登場。てりやき好きには垂涎物の期間限定メニューが登場。

 

そして、ポテト好きには心が躍る「カーリーポテトフライ」。一部の店舗ではこの期間限定メニューが先行販売されていた。なかなかおいしいとのこと。

 

頑張ってるマクドナルドは巻き返しを行なえるのか

classicflieswithcheese011
classicflieswithcheese011 / toshifukuoka

コストの高い航空便を利用し、マックフライドポテトの全サイズ販売開始に努め、期間限定メニューを販売しているマクドナルドだが、昨年は新商品をリリースしても大幅な売り上げに繋げることも出来なかった。その上、ポテトは定番のマックフライポテトが好きだという人もいるのは確か。

 

 

そんな中、妖怪ウォッチカレンダーが150万部を突破しギネス申請をした。これはマクドナルドの店舗でメニューを購入すれば、プラス税込み400円でセット購入できると言うもの。

 

 

ちびっ子達の心をつかんだのはマクドナルドメニューではなくジバニャンであり、結局のところマクドナルドは猫頼み状態。

 

追記

この記事を書いた翌日、マクドナルドのフライドポテトから「人の歯が混入していた」というニュースが入ってきた。チキンナゲットに異物が混入していた矢先に、今度は全サイズを販売を再開したばかりのマックフライドポテトに異物混入。

 

マクドナルドは坂を転げ落ちるように窮地に陥っている。

 

参考元
日本経済新聞 マクドナルド、信頼回復に痛手 ナゲットに異物
産経ニュース マックの妖怪ウォッチカレンダー150万部突破 ギネス申請へ
日本マクドナルド

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ