クレーム続きの家電メーカーはほぼ中国製!元量販店従業員が語る。

a161de8ecce33c45312eec29579c5b53_s

 

現役販売員が教える「買ってはいけない家電」http://news.livedoor.com/article/detail/9405573/によると、クレームを受ける約7割が海外メーカーで、目立つのがハイアール製品だという。

 

<クレームの多かった商品ベスト3>

●1位<洗濯機>ハイアール(中国)JW-K50F-W
●2位<冷蔵庫>ハイアール(中国)JR-NF305AL-S
●3位<テレビ>オリオン電気 DL32-32B

 

スポンサードリンク

 

 

「ちょっといい?おたくで購入した洗濯機なんだけど、まだ3ヶ月で水漏れがするのよ」

管理人が家電量販店でスタッフとして仕事していた時うけたクレームだ。

『あ、もしかしてあそこの洗濯機か・・・』そう思ってメーカーを聞くとやっぱりハイアール・・・先輩「今月で10件いったんじゃないか?」管理人「ですねー」

 

ハイアールというメーカーは中国の家電大手。最近まで日本市場に力を入れてきたわけではなかった。しかし、パナソニックがサンヨーを買収した時に、パナソニックがサンヨーの白物家電部門を事業分離した。

 

その部門を引き取ったのがハイアール社だった。

もともとハイアールで製造していた「ハイアールブランド」と、サンヨーの部門を引き継いだ「アクア」ブランドでは品質もかなり異なる。

同じハイアールというメーカーで壊れにくく高性能なアクアとハイアールがまざって販売されている状況である。

 

なぜここまでハイアールは壊れやすいのか?

 

まず、プラスチックパーツの耐久性が弱い。とてもじゃないが屋外で使用なんてできない。

知り合いの美容師さんも安いからという理由でハイアールブランドの洗濯機を買った。

しかし半年で洗剤がつまって洗濯機から変な音がしたので、すぐ日本メーカーのものに買い換えたと言っていた。

 

 

2250fd89369148897c5ebb54738db8ad_s

 

家電量販店従業員からみた感想

 

バイトから入って、計5年ほど勤めていたが、正直サムスンやLGの故障や初期不良の件数は減っていったように思う。しかし、いまだに中国や韓国の会社は値段は安いがすぐ壊れるという印象がある。

 

日本のソニーでも一時期「ソニータイマー」と呼ばれて、購入してから一定期間したら壊れる仕様になってる、という都市伝説があったが、その比じゃない。

 

 

でも購入するメリットもある

 

ただ、正直めっちゃ安い!クレームが多いのもそれだけ台数が売れているということの裏返しだ。

冷蔵庫や洗濯機で言うと他のパナソニックやシャープ、東芝と比較しても2万円から3万円ほど安い。しかも最近だと家電量販店によっては5年などの長期保証をつけてるケースもあるので安心なのだろう。

 

「安い分故障のリスクも少し上がるけど、その分安いからOK」と思うことができればそんなもんかなぁ~っ?て思ったりもする。

管理人は今はまだ中国製を買う気にはなれないが・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ