大人になっても雛人形がほしい。

女の子なら、雛人形に憧れを抱くもの。

 

幼い頃はお雛様が高額なため買ってもらえなかった、もしくは望んでいたものと違うお雛様を両親が買った、と自分の希望するお雛様を買ってもらえなかったという女性は結構多い。

スポンサードリンク



 

最近では成人した女性達が自分用として新たに雛人形を購入するケースが増えているという。
Display dolls.
Display dolls. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

雛人形買ってもらえないなら、自分で買っちゃえ。

自分のための雛人形。

3月3日はひな祭り。少子化が進み雛人形の消費も落ち込んでいると思ったら、そうでもないらしい。雛人形の販売数については比例せず維持をしているというのだ。最近では成人した女性が自分用に新たに雛人形を購入することが多くなったのがその背景。

 

雛人形は季節のインテリアとして需要が高いそうで、人気の雛人形も7段飾りのような豪華という名の場所をとる置物ではなくて、一点ものや、男雛と女雛が一対になった親王飾り、立ち雛といったものが人気だという。

 

健やかに成長した女の子達はお金にはこだわらず、インテリアにこだわりをみせるようだ。

 

結婚したら雛人形はどうするの?

結婚してしまったら用なしという印象の雛人形。結婚後の雛人形の扱いを調べてみると主に3つあるらしい。

  1. 嫁入り道具として持っていき、自分で雛人形を飾る。
  2. 実家で雛人形を飾る
  3. 供養、処分する

という以上の3つの方法があるそうで、元々、雛人形は身代わり人形だったために、母から娘に引き継ぐということを推奨はしていない様子。

 

ひな祭りとは元々、邪気が入りやすい季節に「穢れ」を祓うための儀式が元になっている。よって雛人形は災厄の身代わりになってくれる人形が原型。

 

このような考えから、母から娘に雛人形を引き継ぐのは由としないそうだ。一人の女性に対し、身代わりをするものなので、嫁入り道具としてもっていっても、飾ったほうが良いし、難しいのなら実家で飾ってもらうのも一つの方法だと思う。

 

まあ、後先考えず、7段飾りを購入してしまい、飾れないのなら、供養して手放すのもアリかなと思ってしまう。

 

後先考えず7段飾りの場所を雛人形を購入した人もいるかもしれないが、お内裏様とお雛様だけ飾るというのも良いものかもしれない。

 

参考元
上毛新聞ニュース ひな人形、大人女性の需要高まる
きになるきにする 雛人形|結婚後は飾るのか処分するのか…人形の久月に聞いたよ

コメントを残す

このページの先頭へ