バック・トゥ・ザ・フィーチャー PART2が実現かと思っていたのに・・・。Google glass販売を中断。

googleは15日、眼鏡型インターネット端末「Google glass」の販売を中断すると発表。

 

中断されるのは「Google Glass Explorer Edition」で1月19日を持っていったん終了する発表。

スポンサードリンク

2015年はウェアブル・テクノロジーの年だ。

 

車は飛んでないが、バック・トゥ・ザ・フィーチャー PART2の未来に来た。バック・トゥ・ザ・フィーチャー PART2で描かれた未来と、現実は一致している点がいくつもある。

 

バック・トゥ・ザ・フィーチャー PART2のなかで、眼鏡型コミュニケーションツールをつけた女性が出てくる。それは今回販売を中断した「Google glass」そのものではないだろうか。

 

「Google glass」は身に付けて操作する「ウェアブル端末」の代表的な商品として注目を集めていた。

bttf2

出典 schneeblog.com

 

Google・glass販売終了

元々未完成品だったGoogle Glass Explorer Edition

google-glass-12
google-glass-12 / giuseppe.costantino

販売を一旦終了する予定Google Glass Explorer Editionは、「オープンベータ」の未完成品であることを前提であるとして、開発者向けに販売されていたもの。

 

当初は承認された開発者のみが購入できたが、だんだんと入手しやすくなってきた。

 

しかし、Google Glassの販売を一旦販売を終了するということであり、新しいウェアブル端末・眼鏡型端末の開発は進めるとのこと。

 

Google・glassは失敗と言われていた。

Google・glassは失敗したのではないかと言われていた。その一つがマーケットを作ることが出来なかったと言われており、そのため、アプリ開発者は様子を見るという態度を取っていた。

 

また、Google・glassの内臓カメラはプライバシーが侵されるのではと懸念されていた。写真・動画を撮影できることから、映画館や一部のバーやレストランなどに入れないといったトラブルも発生していた。

 

デザインがかっこ悪い「glasshole」

245DFF6D00000578-2893737-Eerily_accurate_In_one_scene_round_the_dinner_table_the_characte-m-19_1420192524439

出典dailymail.

Google・glassはデザインがちょっと・・・。という意見がちらほらと言うよりも、「glasshole」(glassとasshole=バカの造語)と言った造語からわかるように、オタクみたいな外見が受け入れ難かったようだ。

日本は「バック・トゥ・ザ・フィーチャー PART2」の未来にいる

未来の道具・ウェアラブル端末として、幸先の悪いスタートになったGoogle・glassだが、日本では東京ビッグサイトでウェアラブルの技術展示会「ウェアラブルEXPO」が今月の14日~16日に開催された。

 

ヘッドマウントデバイスが注目され、Googleも偵察に来たといわれている「InfoLinker」の展示があった。これは業務用途を想定している、片目・透過型の情報端末だ。

 

遠くない日本の未来は「バック・トゥ・ザ・フィーチャー PART2」のように、眼鏡型ウェアラブル端末を持つようになると思う。

 

参考元
INTERNET Watch 「Google Glass」いったん販売終了、“将来のバージョン”の開発を継続
クラウド Wactch Google Glassは流行らない? 一般販売を前に“失敗論”
ケータイWatch ヘッドマウントデバイスが注目を集めるウェアラブルEXPO

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ