英国人男性が最愛の金魚に5万5千円の治療費を支払う

とある英国人男性は便秘患った金魚のために、300ポンド(約5万5千円)を出して手術を受けさせたと言う。

 

この英国人男性が金魚に深い愛情を注いだとして話題になった。

スポンサードリンク



Dave The Goldfish
Dave The Goldfish / jhartshorn

最愛の金魚

金魚の治療費5万5千円

便秘の手術を受けた金魚は品評会で評価されたことがあるといった、高価で特別な金魚。ではなく、どこにでもいるような普通の金魚らしく、飼い主の英国人男性はとても気に入っていたと言う。

 

ある日、金魚が弱っていることに気がついた男性は、獣医に金魚を連れて行くと「金魚は糞が出来なくなっている。腫れているところを除去する必要がある」と言われた。

 

当初、治療費が高額なため金魚の飼い主の英国人男性はクリニックを後にしたが、このまま死んでしまったら絶対に後悔する。と考え直したかわからないが、引き返し金魚の手術をしてもらったそうだ。

 

手術は成功し現在は開腹に向かっているとのこと。金魚は後大体10年は生きるとのこと。

 

この記事を読んだとき、このアニメーションを思い出してしまった。

ペットの種を差別するのは無意味だと思う。

 

参考元
らばQ

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ