嫌イスラム教。過激派仏教徒

過激派組織といえば、イスラム教の教えを履き違えた集団という印象が強いが、過激派仏教徒もいる。

 

スポンサードリンク



スリランカで仏教過激派集団がイスラム居との居住区を襲撃。2014年には少なくとも3人が死亡し、52人が負傷したという。
 
Dambulla
Dambulla / Koshyk

死ぬときに大体の日本人がお世話になるお寺。よって日本人にとって仏教は馴染み深いものだが、仏教は世界三大宗教の一つ。(参考元)

 

よって、世界的に影響力があることも確かで、宗教を意識していない日本人でも、仏教にはそれなりに携わり、教義を生活に取り入れてきた。過激派仏教徒は無視することは出来ないと思う。

 

過激派仏教徒組織。

スリランカ版嫌イスラム集団・ボドゥ・バラ・セナ

2014年にスリランカ南西部沿岸のアルトゥガマで仏教過激派組織がイスラム教徒の居住区を襲撃した事件が発生した。

 

警察や国連人権高等弁務官の公表によると、少なくとも3人(4人?)が死亡し、52人が負傷書たという。この暴動の発端は、事件のあった数日前、僧侶がイスラム教徒の若者4人に襲われる事件が発生。これを切っ掛けに過激派仏教徒組織ボドゥ・バラ・セナ(Bodu Bala Sena BBS)がアルトゥガマで開いた大規模の集会だったという。

 

この集会で過激派仏教徒組織ボドゥ・バラ・セナの代表が反イスラム感情を煽る演説を行い、参加者は集会終了後イスラム教徒の居住地域をデモ行進。もちろん仏教徒とイスラム教徒の双方が衝突。

 

国連のピレイ人権高等弁務官は「スリランカ国内のほかのイスラム地域にも暴力が広がることを懸念する」と延べ、スリランカ政府に対して、暴動関係者の逮捕や憎しみを煽るような言動を抑止すること。少数宗教の保護のために全力を尽くすように促したという。

 

スリランカとミャンマーの仏教過激派が手を取り合う

仏教過激派組織について調べてみると、面白い情報があった。なんと、スリランカとミャンマーの仏教過激派組織が国際連携に動き出したというもの。「イスラム過激派による強制改宗と供に戦う」という名目で合意したとのこと。

 

スリランカもミャンマーもイスラム教徒は圧倒的に少ない。2011年のスリランカの国勢調査によると人口の9.7%がイスラム教徒で7割が仏教徒。ミャンマーはさらに少ない。人口の4%しかイスラム教徒がいない。過激派仏教徒たちは何をもって、圧倒的少数であるイスラム教徒たちに攻撃するのか?

 

宗教をナショナリズムの道具として使う

スリランカではタミル人がスリランカの北部・東部に住んでいる。タミル人はスリランカの人口の12%ほど(多分、そのくらい)。スリランカで大部分を占める民族はシンハラ人といわれている民族。彼らの主な信仰は仏教である。

 

スリランカは1948年英国内の自治領として独立をするが、翌年タミル人の選挙権が剥奪された。1956年にはソロモン・バンダラナイケ首相が就任したが、シンハラ語を公用語にし、タミル人を公務員から排除させた。

 

バンダラナイケ首相が所属していたスリランカ自由党はシンハラ仏教ナショナリズムというものを掲げて、仏教を利用し大勢のシンハラ人を束ね、シンハラ語を公用語に仏教を国教化したりしたが、不当な仕打ちにタミル人も黙っていない。

 

社会的には疎外されたタミル人たちは反政府組織「タミル・イーム解放の虎」というものを結成し、分離独立運動を開始。2009年に内戦が終結した。

 

この内戦を通して一部の僧侶集団が仏教ナショナリズムに傾倒し、その一派がスリランカの過激派仏教徒組織ボドゥ・バラ・セナといわれており、内戦が終了しタミル人勢力に攻撃することも無くなった今、仏教ナショナリズムはイスラム教徒たちに向けられたわけである。

 

ミャンマーも同じようなもので、英国から独立直後、キリスト教徒となった少数民族はビルマ(ミャンマーの昔の呼び方)の仏教徒が行なう国づくりに反発し、武装勢力を作った。一時はビルマ族は首都のライグーンを統治するだけで精一杯といわれていた。第2次世界大戦など色々あり、ミャンマーでも仏教の真理を履き違えた仏教ナショナリズムが育ったわけである。

 

 

両国のイスラム教徒は、民族として独立しようと主張したことも無い。過激派仏教徒の掲げる仏教は、圧倒的な多数である自分達から、少数派を排除する道具として利用しているだけである。

参考元
CNN.co.jp 仏教集団がイスラム教徒を襲撃、55人死傷 スリランカ
wikipedia スリランカ
GlobalVoice お釈迦様だったらどうするだろう。スリランカの仏教徒は答える。イスラム教徒を襲ったりしないと。
一人ひとりが声をあげて平和を創る メールマガジン「オルタ」 スリランカとミャンマーに出現した仏教過激派連合を問う

コメントを残す

このページの先頭へ