ドサンコは絶滅の危機に。ドサンコと一緒に日本縦断

ドサンコの名前で親しまれている馬、「北海道和種」が絶滅の危機に瀕している現状を知ってもらおうと、北海道大獣医学部6年で馬術部OBの山川晃平さんがドサンコ2頭引き連れて、日本縦断を目指している。
Weaning #02
Weaning #02 / daita

スポンサードリンク

ドサンコの日本縦断

ドサンコ2頭

山川さんと一緒に日本縦断を目指すのは、16歳のせん馬(去勢された雄)のドサンコのゆっきーとみっちー。ドサンコは日本で8種類いる日本在来馬。かつては農耕馬として活躍したが、今では絶滅の危機にある。

 

今回日本縦断を目指す山川さんは物心ついたときから馬が好きだという。ドサンコが今絶滅の危機にあることを知ってもらうのが目的だという。

 

昨年の8月末、札幌市を出発。日本横断中は親交のある大学馬術部の厩舎や牧場に泊めてもらったり、河原で野宿したりしながら旅を続け、野宿のときはドサンコを木などにつないで、2時間ごとに逃げ出してないか起きて確認したという。

 

また、多くの人が行きかう都心は、気を使うこともあったが、その一方で東日本大震災の被災地では初めて見る馬に目を輝かせていたという。

 

今後はみ宮崎県の都井岬にも立ち寄る予定で「在来馬の御崎馬との触れ合いが楽しみ」だという。

 

今月には九州入りし、30日朝には福岡市城南区の福岡大を出発。次の目的地の佐賀県・吉野ケ里へ向かった。

 

参考元
西日本新聞 絶滅の危機知って ドサンコと日本縦断中 北大生の山川さん 今朝、福岡出発

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ