犬は食べてはいけない。西洋の食文化は文明的なのか

韓国で食用犬として育てられた犬23匹が、東アジアの犬肉食に反対する動物愛護団体の運動の一環で、アメリカに移住することとなった。この動物愛護団体はこれまでに中国やフィリピン、タイ、ベトナムの現地団体などとともに犬肉売買に反対する活動を続けてきたが、実際に犬を食用として、飼育している韓国のような例はまれだという。

スポンサードリンク



看板犬
看板犬 / sabamiso

アジアを中心によく食べられている犬。韓国・中国が有名だが、日本も犬を食べていた。

肉と言えば、牛、豚、鶏というのが一般的で、犬を食べると海外から批難される。

 

犬を食べちゃだめ

日本でも馴染み深かった犬食

柴犬の子供 (Shiba inu puppy)
柴犬の子供 (Shiba inu puppy) / Dakiny

韓国の犬食文化は有名だが、その昔日本でも食べられていた。

 

犬を食べる習慣は農耕社会文化圏にはよく見られているらしく、アジアやオセアニアに広く存在しており、その一方で牧畜、遊牧、狩猟収集社会では犬を食べることは忌まれる傾向があるという。

 

 

 

日本も犬を食べてきたと書いたけれど、それは古代から中世だけではなく、近世でもみられたそうで鹿児島には「えのころ飯」と言うものが存在したらしく、それは子犬を殺し内臓を出し、そこに米をつめ子犬を丸焼きにし、腹の中の米を食べると言うもの。鹿児島では最も贅沢な料理だったそうな。

 

 

鹿児島は稲作が不向きなシラス台地で米が貴重品。そして犬も乱獲によってほとんど存在しなかった。そのためこのえのころ飯は一部に特権階級しか食べられなかったらしい。(参考元)

 

 

「乱獲によって犬がいない」ってことは食べるための乱獲なのか、毛皮を取るための乱獲なのかいまいちわからないが、愛玩動物のためと言うのではなさそうではある。

 

 

その後、生類憐れみの令が発令され、動物を殺すことに抵抗が出始め、狆が流行し犬は次第に愛玩動物、ペットと言う地位に収まった。

 

 

昔、日本人は色んなものを食べていたようで、芥川龍之介の羅生門にも老婆が身寄りのない女の遺体から髪の毛を抜いていたが、下人にそのことを問い詰められたとき、この女は生前、ヘビを魚の干物として売っていた。というのがあった。

 

 

チワワの祖先をスペイン人は食べつくした。

sora 5.13.08
sora 5.13.08 / waimeastyle

食用犬種というとチャウチャウが有名だが、一時爆発的に人気が出たチワワ。それは元々テチチという犬種が元になっており、テチチはネイティブ・アメリカンの日常食になっていた。

 

 

しかし、テチチはスペイン人にほとんど食べつくされてして、絶滅してしまったそうだ。

 

 

世界中にある犬食文化

犬を食べるのはアジアやオセアニアを中心とした文化といわれているが、テチチでわかるように中南米や北米は犬を食べる文化がある。また、イヌイットは犬ぞりのソリ犬は緊急時の食料と言う役割を持っていた。

 

 

調べてみるとヨーロッパにも犬食文化が根付いていたらしく、スイスの山間部は犬肉の流通は禁止されているが、消費は黙認されているらしい。ドイツには犬肉屋があったが1986年以降、流通が前面禁止になってしまった。犬は幅広い用途で利用され、食用から医薬用に利用された。

 

 

とりわけヨーロッパの中で犬食が盛んな国はフランスらしく、1870年にフランスでは犬肉の料理方法が書かれた本が出版されたり、猫や犬肉を売る市場の挿絵が掲載されたり、もちろん犬肉精肉店もあったそうだ。

 

 

フランスの王侯料理の食材に白鳥や孔雀があったぐらいだし、犬を食べるのはなんら不思議ではない気がする。

 

 

犬を食べるのは野蛮か?

日本は鯨を食べると海外から批難されている。同じように韓国は犬を食べることを海外から批難されている。

 

 

批難される側として、鯨や犬を食べることは野蛮であり、批難している集団が主張する食文化は文明的か?頭ごなしに他国の文化背景を否定し、彼らが押し付ける食文化は高尚なのか?と思ってしまう。

 

 

卵一つとっても、よく卵を産むメスの鶏を最新テクノロジーで作りだし、オスのひよこはオスだとわかったとたん殺処分されてしまう。馴染みのある食材にもかかわらず、これらはあまり騒がれない。

 

 

先述した芥川龍之介の羅生門のテーマは人間の生きて上での悪を表現しているが、結局のところ人間は罪深い生き物だと思う。

 

 

参考元
AFP BB NEWS 韓国の食用犬23匹、米国で新たな生活へ
wikipedia 犬食文化
犬肉ホームページにようこそ

コメントを残す

このページの先頭へ