ちょっと変だよ日本のクリスマス。キリスト不在にケンタッキー。豪華なケーキもあるよ。

キリスト教徒でもないのに、日本にイベントとして定着してしまったクリスマス。
グローバル化が進む日本では、在日外国人も多くなった。そこで、ここがおかしいと思う記事が紹介されていた。

スポンサードリンク



PAK75_saketokurisumas20121209165500

キリスト教系の保育園に通園していた。よってシスターやら牧師様が身近な存在だったし、クリスマスもきちんとイエスキリストの誕生を祝っていた。しかし、我が家は神社に携わっていたようで本当は神道なのだ。よって洗礼は受けていない。

 

しかし、戦後は神社からも手を引き、経緯はよくわからないが大伯母は神奈川県の牧師に嫁いだ。管理人の祖父は「生まれは神道、結婚式はキリスト教、葬式は仏教」という、現代日本の宗教観をいち早く享受していた。これに「誕生日はマクドナルド」と言ったものがあったら完璧だったのに。

 

日本独特の宗教観とキリスト教文化に親しんできた管理人が、外国人同様「これは変だと思うわ」と思うものを調べてみた

 

ちょっと変だよ日本のクリスマス

何で、日本のクリスマスはケンタッキー?

Kentucky Fried Chicken - right down the street
Kentucky Fried Chicken – right down the street / RustyClark (hottnfunkyradio.com)

日本人はなぜかクリスマスにケンタッキーを食べる。

 

これはご存知の方も多いと思うが、ケンタッキーフライドチキン(KFC)が「クリスマスはケンタッキー」というマーケティングを開始し、クリスマスにはフライドチキンという習慣が根付いたと言うもの。

 

ケンタッキーフライドチキンは欧米出身者から見ると、粗悪なファストフードという印象が強く、度肝を抜かれる日本のクリスマスの習慣になっているのは有名。欧米は七面鳥を食べる習慣があるが、これは宗教的な理由からではないらしい。元々、クリスマスにはガチョウを食べていた。

 

シャーロックホームズだったかの話にガチョウ倶楽部というものが出てきたような気がするが、それはお金を積み立てクリスマスにガチョウを一羽貰うというシステム。よって、英国ではクリスマスには七面鳥ではなくガチョウを食べていたことになる。

 

また、小説クリスマスキャロルに七面鳥が出てくる、これによって、クリスマスには七面鳥というイメージを定着させたという説が存在する。

 

日本では馴染みのない七面鳥。馴染みのない背景にはあまり七面鳥が飼育されていない。よって入手困難と言うのもある。はっき言って、七面鳥はまずい。もこもこパサパサで日本人にはおいしいとは言いがたいかもしれない。これは個人的な考察だけれども、未だに七面鳥の流通が少ないのは、味が日本人好みじゃないからかもしれない。

 

日本のクリスマスのケーキは豪華

IMG_6361 苺ショート (crosseye 3D)
IMG_6361 苺ショート (crosseye 3D) / yoshing_BT

バター不足でクリスマスケーキが作れないというニュースを12月入ってから、よく聞くようになった。この時期バターも良く使われるが、苺も良く使われる。

 

クリスマスシーズンになると苺の出荷数も伸びる。これはもちろん、クリスマスケーキに苺を使うから。(参考元)

 

苺のほかにも生クリームを使った日本独特のクリスマスケーキは海外ではない。基本的には日持ちするタイプのケーキになる。日本人には苦手な人が多いドライフルーツを使ったものが多く、焼き菓子のようなものが目立つ。有名どころだとドイツのシュトーレンなど。

 

幼い時は苺のショートケーキでは無くて、ドライフルーツの入ったクッキーとケーキの間のよな物を食べていたような気がする。なんだったんだろう。

キリスト不在でサンタクロースはいる

The Wise Men 15
The Wise Men 15 / Waiting For The Word

幼い頃のクリスマス=サンタクロースという図式が成り立っていると思う。

 

これは幼い時に「いい子にしてないとサンタさん来ないよ」という教育の現われなのだろうか?クリスマスなのに肝心のキリストが不在なのも奇妙な感じはする。大人になると日本のクリスマスは恋人と過ごして、チキンを食べるという図式に変わる。

 

また、クリスマスを祝っても復活祭は無視というのも考えてみれば奇妙。これは日本のクリスマスがイベント化していることを象徴していることかもしれない

 

個人的にクリスマスは、イエスキリストの復活劇をして、牧師の話を聞く日という印象が強いので、どちらかというと正月のほうが好きだった。そして、お菓子が詰まったクリスマスブーツがほしかった。

 

参考元
マイナビスチューデント 「キリスト不在」「なぜファーストフード?」外人が「なんで?」と思う日本のクリスマス10選
気になること、知識の泉

コメントを残す

このページの先頭へ