幹細胞で毛髪生成。薄毛の人に希望が。

人の幹細胞を利用し、人の毛髪を生やすことに成功したという
Mustached man smoking pipe
Mustached man smoking pipe / George Eastman House


スポンサードリンク



薄げがなくなるかも

薄毛の人に希望が。画期的で効果的な治療方法

米露の共同研究チームが「人の幹細胞を使って毛髪を生やすことに成功した」という。

 

幹細胞はあらゆる種類の細胞に分化する能力をもつ。その能力を利用し。毛根を生やす「頭髪毛乳頭細胞」に分化させ、マウスに移植したところ、人の毛髪の生成を確認することが出来たという。

 

今後は、人体での臨床実験に移る予定とのこと。

 

薄げに悩む人たちは全世界に15億人いるともいわれ、日本ではおよそ1200万人。約10人に1人は薄毛に悩んでいるという。

 

その成果、ヘアケア市場は年々大きくなっているという。また、薄毛ビジネスはトラブルが頻発しているという。

 

薄毛に悩んでいる人のコンプレックスに漬け込み、効果の疑わしい育毛剤やかつらの押し売り、高額な薄毛治療への強引な契約が多発している現状。

 

現在唯一の薄毛療法は、自らの後頭部などに残された「毛包」を移植するしかないらしく、毛包が失われていれば、治療不可能だ。

 

この幹細胞から分化させた毛髪を増やす細胞を、薄毛の治療に使用することが出来れば、効果は確実な上にコストも低く抑えられ。大量に移植が可能になるという。

 

薄毛に悩む人々は1日も早い実用化を待ち望んでいる。

 

参考元
SankeiBiz 薄毛治療に期待!幹細胞で毛髪生成 米露研究チーム、今後臨床実験

コメントを残す

このページの先頭へ