今だ未解決!井の頭公園バラバラ殺人事件が猟奇的過ぎて引く!

img_44552_2_1

幼い頃に起こった事件で妙に印象に残っている事件がある。
周りの大人たちが妙に騒ぎ立てていたことがとても印象に残っているし、振り返ってみると、つまらない保守的な地方都市にまで影響を与えたような気もする。

スポンサードリンク

当時、見ていたニュースや新聞はその事件で持ちきりだった。その事件というのが井の頭公園バラバラ殺人事件だ。

事件が起こったのが、1994年4月23日東京都三鷹市にある井の頭恩賜公園。

 

起こったというよりも、「発見された」というほうが正しいかもしれない。なぜなら、そこで男性の足首が発見された。

 

結局見つかった遺体の断片は公園の池周辺に設置された複数のゴミ箱から合わせて27個が見つかった。

 

これだけなら普通のバラバラ殺人事件だが、井の頭公園バラバラ事件は謎の多い事件だった。

先に事件の概要を書いてしまうと、時効が成立してしまった。要するに、犯人は挙がらず、不可解な未解決事件となった。

 

被害者男性は公園の近くの一級建築士と言われている。

この事件を改めて調べてみると、よく被疑者が特定できたなと思ってしまうほど、遺体の破損がひどく、そしてそこがこの井の頭公園バラバラ殺人事件の不可解なところなのである。

 

まず、遺体の手足の指紋はほぼ全て削り取られており、わずかに残っていた指紋とDNAから、被害者を特定した。被害者の身元をわからないようにするための偽装の一つだが、井の頭公園バラバラ殺人に件の犯人は一般人では行えないほどの処置を遺体に施していたのである。

 

これが、井の頭公園バラバラ殺人事件の気味の悪い事件である。

 

まず体のパーツが足りない。

 

遺体は27個にバラバラにされ、全部合わせても体全体の三分の一程度、20数kgほどしかなかったという。

 

また不思議なことに、遺体のパーツは臓器・関節を全て無視して長さや太さも揃えられていた。

 

これがまた不可解な点の一つである。従来のバラバラ殺人の場合、遺体の切断は思った以上に時間がかかり、また切断も大変なため、切りやすい関節あたりを切断するのだが、先ほどを述べたとおり事件の遺体は関節など関係なく、時間をかけて均一の大きさに切断されていた。

 

犯人にとって遺体を処理するのは手早く済ませたほうがいいだろうが、井の頭公園のゴミ箱は、縦20センチ、横30センチの開閉ブタがついたもので、これに合わせて切断したものと思われる。

 

しかし、長さだけでなく、太さまでそろえてあるのは異様だ。

 

また遺体はきれいに洗われているのを通り越して、血液までもがすべて抜かれていた
血は一滴も残っていなかったという。

 

 

そんなことが出来る人間は医療従事者の中でもよほどの設備がないと無理だろうし、また一般家庭で行うのには不可能だ。

もう一つ不可解な点がある。

それは死因がわからないという点。

 

被害者の目撃情報の一つに失踪したと思われる時間帯に人と車が激突するような物音がしたという情報があり、その交通事故を隠すためにバラバラにした言う見解があった。だが交通事故になった形跡もなく、毒を飲まされ形跡もなかった。

 

死亡時刻も不明で、解剖を担当した杏林大学病院の佐藤喜宣教授は「そんなに古くはなかった」とのこと。

 

翌1995年1月11日、川村さんが行方不明になる直前の4月20日午前0時過ぎに、自宅に駅そばの百貨店脇で2人組の男に殴られていたという目撃情報が届けられたり、23日の午前4時頃に井の頭公園をポリ袋を持った不審な男2人が歩いていたという証言もあったが、結局、2009年4月23日、時効成立を迎えた。

 

参考元:オワリナキアクム
ASKAの事件簿
阿修羅
http://matome.naver.jp/odai/2135909403709666001?&page=2
三鷹市ホームページ

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ