匿名ハッカー集団アノニマスがISILを標的に

匿名ハッカー集団「アノニマス」が「イスラム国」(以下ISIL)への宣戦布告し、ISILのメンバーのTwitterとFacebookのアカウントに対して、新たな攻撃を開始すると明らかにした。
Anonymous Hollywood Scientology protest
Anonymous Hollywood Scientology protest / scragz


スポンサードリンク


ISILの関係サイトに対して、匿名ハッカー集団アノニマスが攻撃。標的とされたTwitterやFacebookなどの大量のアカウントが、ダウンしたり閉鎖されたりしていることが判明。

 

国際的ハッカー集団アノニマス

アノニマスの攻撃はISILにとって痛手?

匿名ハッカー集団アノニマスの標的になったのは、Twitterのアカウントおよそ800件とFcebookのアカウント12件。メールアドレスは50件あまり。

 

アノニマスは先月Youtubeに声明を投稿。内容はISILのウェブサイトや、SNSを洗い出してダウンさせると宣言した。

 

アノニマスは以前もフランスのシャルリー・エブド事件を受け、このテロ事件に関係する全ての人物を「追尾する」と宣言。イスラム過激派とつながりのあるウェブサイトを攻撃したと発表した(参考元)

 

ISILはITに長けているといわれており、SNSをプロパガンダを広める道具として依存している傾向にあった。また、資金調達もオンライン・プラットフォームに目を向けてきた。

 

要するにISILはネットに依存しており、匿名ハッカー集団のアノニマスの攻撃は、ISILは戦闘員勧誘活動に一時的に妨げられていることは確実。

 

ISILの排他的で、ゆがんだイデオロギーに対して、投稿した動画では「われわれはあらゆる国、人種、宗教、民族から集まっている(中略)あるいはただの隣人でもある」と述べている。

 

参考元
CNN.CO.JP ISIS関連のアカウントが多数ダウン、ハッカー集団の標的に
WIRED.jp アノニマス、ISISへのサイバー攻撃を宣言(動画あり)

 

コメントを残す

このページの先頭へ