ホストクラブにはまった4人の女の狂行。新宿4人リンチ殺人事件

今年の5月20日、東京・新宿のマンションの一室で、一人の女性が集団リンチの末に殺された事件があった。
橋本妙子さんに暴行を加えて死亡させたとして、知人女性4人が傷害致死容疑で警視庁に逮捕された。

スポンサードリンク



 

傷害致死容疑で逮捕された女らは、4人がかりで橋本さんを鉄パイプで殴り、熱したアイロンを押し付け、その様子をインターネットの動画サイトに生中継していたと言う。

 

事件の始まりは悪口を言われたから

事件現場になったマンションでは女3人が同居しており、関香織(26)、高橋愛美(20)、篠塚佳那(20)の3人の容疑者を傷害致死容疑で逮捕した。

 

容疑者らは当初、「橋本さんを看病していた」と主張したが、後に「悪口を言われ腹が立ったから」と言う理由で暴行したと認めた。さらに、関香織、高橋愛美、篠塚佳那の3人の容疑者の供述とマンションの防犯カメラから、勝又香容疑者(43)も傷害致死容疑で逮捕された。

 

凶行の現場となったマンションは、後に逮捕された勝又容疑者以外の3人が共同生活をしていた歌舞伎町近くのマンションで、関香容疑者が主犯格だと見られている。

 

 

女性特有の陰惨な事件のようにも見えるが、男性も関与していたようで、練馬区の無職・木田満容疑者(34)が逮捕されている。

 

 

事件の概要を振り返ってみると、唖然とするばかりだ。集団リンチの様子をネットで公開したとしても、警察に通報されるに決まっているし、集団リンチの切っ掛けも「悪口を言われたから」という動機だった。

 

 

 

容疑者達は新宿歌舞伎町で出会ったという。ありがちだが、集団リンチを加えた女たちは風俗業に従事していたと言う。

 

 

女の後ろに見えるホストクラブの存在

手取りもたがが知れているOLや学生がホストにはまってしまった。そうなると昼の仕事と掛け持ちして夜の仕事をするようになり、キャバクラまでなら良かったのに、気がついたら風俗嬢になっていた。落ちるの早いよ水商売。

 

ある女達がいた。彼女達はホストクラブにはまって借金が出来た。
しかし、風俗で借金を返そうと思っても器量が悪くて風俗で働けない。それが集団リンチを行なった女達だ。

 

テレビの報道ニュースで初めて彼女達の顔を見たとき、「集団リンチも顔も人間する(の)じゃない」と思ってしまった人も多いと思う。

 

 

そんな残念な容姿の女達の値段はたかがしれている。

 

集団リンチの女達ホストクラブはまってしまい、当たり前だが借金が出来た。しかし雇ってくれるお店が無いので、立ちんぼや本番アリのデリヘル嬢もやっていたが、ホストクラブで出来てしまった借金はそれでは返せない。

 

 

ホスト達の(不器量な)女の子の使い方

ホストクラブには「掛け」という仕組みがある。

 

これはホストクラブ側が客を信頼しツケが出来る仕組みで、そのツケをためてしまう客も少なくない。関香織容疑者はツケをためてしまった客からお金を回収する仕事していたと言う。
これはお気に入りのホストに恩を売り、見返りを求めることも出来る。

 

5月の集団リンチ事件は悪口をで腹を立てたのではなく、金の回収の末路だったかもしれない。
悪口を言われたから集団リンチ。これだと、殺された側も殺した側もあまりにも安っぽいじゃないか。

 

 

 

参考元
DMM NEWS
産経ニュース
FRIDAYデジタル
サメ石・ちゃんねる

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ